16時間断食ダイエット

ダイエットのモチベーションを上げる方法!5か条!

皆さん

「ダイエットがなかなか続かない」

「本気で取り組めない」

と悩んでいる方多いんじゃないでしょうか?

私も食べることが大好きなので、

誘惑に負けたりします。

ポジティブ君
ポジティブ君
いや、正直負けまくってます(笑)

そんな時いつも感じるのが、

「ダイエットで一番大事なのはモチベーションである 」

とうことです。

なので今回は、そのモチベーションに着目し、

ダイエットへのやる気を上げる方法を見ていきたいと思います。

ポジティブ君
ポジティブ君
いっしょにアゲアゲダイエットしましょう(笑)

憧れの人を見る

タレント・モデル・アイドルなど、

人に見られる仕事をしている人は、

スタイル抜群の人が多いですよね。

ポジティブ君
ポジティブ君
こんな服着てみたいわ!(笑)

皆さんそんな中に

「痩せたらこんな風になりたい」

という憧れの人がいるのではないでしょうか。

「こうなりたい!」

と思える姿を視覚的に自分の目に入れると、

ダイエットのモチベーションを上げてくれます。

なので、ひとつの方法としては、

携帯の待ち受けをその憧れの人にする!

視覚に入るたびにモチベーションが下がるのを抑制してくれます。

ポジティブ君
ポジティブ君
ちなみに私は俳優の市原隼人さんか木村拓哉さんです。男から見てもかっこいいっすよね!
ポジティブ君
ポジティブ君
なんか変な感じになってない?(笑)

周りの人に宣言する

「今日からダイエットします」と宣言することです。

ポジティブ君
ポジティブ君
ここまでしろとは言わん(笑)

コツとしては、

あなたが日常的に過ごしている場所で

同じ空間にいる人に宣言するのがコツです。

やはり、宣言した人の前で、

ラーメン食べたり、

お菓子食べたりってしにくいですよね。

そのように周りの人を利用して、

強制的に自分のダイエットに対するモチベーションを

高めましょう!

ポジティブ君
ポジティブ君
それそれ!それがいかんのだよ!

ちなみに私は、

上司に目標体重を設定してもらい、

1か月(-15kgぐらい)でその体重に達成したら、

ご褒美に高級焼肉店で好きなものを好きなだけ奢ってもらえる

という約束をしました。

しかし、達成できなかったら逆にご馳走するというものでしたが、

結果としては、達成することができました。

ポジティブ君
ポジティブ君
でも最後のほうはもうこんな感じでしたね(笑)

いやー、めちゃくちゃきつかったですね。

ポジティブ君
ポジティブ君
でも速攻でリバウンドしましたけどね(笑)

やっぱ急激なダイエットはすぐ戻るし、

きついからその反動もよくないですね。

モチベーションを高めて、

無理なくダイエットを継続しましょう!

ダイエットの目的を明確にする

はじめにダイエットしなくちゃ!

って思った時の目的を明確にすることです。

コツとしては、

より細かい理由の方がモチベーションアップにつながります。

例えば、

・夏までに5kg痩せて胸張って水着を着たい

・最近体が重く調子が悪い

・前に着ていたお気に入りの服を着たい

・健康な体を手に入れて、はつらつと生きたい

などです。

私の場合は、

好きなものを食べるためにダイエットするです。

一見意味不明ですが、

食べることがなにより好きなので、

ポジティブ君
ポジティブ君
もはや 生きがいと言って過言ではない!

なので、そのためにダイエットをしています。

コツは、前日から次の日の夜に食べたいものをイメージして、

それをおいしく食べるために、ダイエットします。

前の日から食事の量を減らして、16時間断食をします。

断食明けの昼食は、野菜中心の食事にします。

ポジティブ君
ポジティブ君
ここがめっちゃポイント!断食後いきなり行くと血糖値爆上げしちゃうからね(笑)

そして・・・念願の夜を向かえます。

そうすると、

・通常食べるよりめちゃくちゃうまい

ドーパミンがめちゃくちゃでます。

そして、めちゃくちゃ幸せになります(笑)

ポジティブ君
ポジティブ君
もちろん合法です (笑)

・食べ過ぎても太らない

その食事を終えると、

また、16時間ファスティングに突入するので、

食べ過ぎても正直太らないです。

むしろ痩せてきてます。

このように逆に食べたいという欲求を利用して、

・それを目標にしてモチベーションアップ

・あの幸福を味わうために頑張れる

となります。

これは本当にメリットしかないので、

おススメです(笑)

「食べたい欲求逆に利用ダイエット」

と名付けます。

ポジティブ君
ポジティブ君
ネーミングセンスゼロ!

ダイエットアプリを使ってみる

ダイエットアプリの種類には、

基本的に4種類あります。

体重だけを記録するもの

日々の生活のなかで無理なくやりたい人は、

体重だけを記録するアプリがおススメ。

シンプルで手間がかからないため、

忙しい人にも向いています。

自分で入力するタイプは続かないので、

体重計とBluetoothで携帯が連動して、

体重計に乗ると自動で記録してくれるものを選びましょう。

例えばこんな感じ。

ポジティブ君
ポジティブ君
食べてしまった次の日は、忘れてたふりして乗らないことあるよね(笑)

食事記録系

きれいにほっそりするには、

食事の記録が取れるアプリがおススメ。

1日の食べた量を把握することは、

ダイエットにとって非常に重要です。

栄養管理もできるので、美容が気になる人にもおススメ。

しかし、入力がかなり面倒。

ポジティブ君
ポジティブ君
ハンバーグ?何個?大きさは?みたいな感じでわーってなります(笑)

最近は、写真を撮ってそれをAIで判別して、

カロリーや食事量を算出して記録してくれるものがあります。

そちらを選びましょう!

総合記録系+運動記録系

カラダを引き締めたいって人には、

運動記録系のアプリがおススメ。

運動の種類や時間を入力して消費カロリーを

コントロールしてくれます。

しかし、こちらも入力が億劫になるので、

時計と連動していて、総合的に記録してくれるものを選びましょう!

アップルウォッチとかそれの代表ですよね。

ちなみに私が使っているのは、

withingsのスマートウォッチです

使用している理由としては、

・使い方がめちゃ簡単

・常に携帯とリンクして記録を保存してくれる

・おしゃれで、カジュアルな時計っぽいから

・周りと被らない(自分以外で見たことない)

・睡眠の質もしっかり記録してくれる

・GPS昨日付きで運動の移動場所も記録してくれる

・完全防水なので、一生つけっぱなしでOK(笑)

とまだまだ理由はあるのですが、こんな感じです。

正直使い始めて、3年ぐらいたちますが、

モチベーションは確実に上がります。

ポジティブ君
ポジティブ君
おしゃれなのがでるので、すでに三台目です(笑)

とにかくデザインがおしゃれで、まわりと被らないで、

そこがいいですね。

アップルウォッチとかは、

つけている人多くて私的にはいやだったので、

「withing」愛用しています。

ちなみに、体重計もwithingで

運動関係・体重関係・睡眠関係を総合的に記録とってます!

トレーニングウェアを買う

最近のウェアはおしゃれで機能性が高く、

種類も豊富です。

ウェアを新調するだけでも気分が上がって、

普段している運動も楽しくなります。

私が個人的におススメしたいのが、

「靴を新調する」

です。

運動用の靴って、

優れモノが多く、

なんか体が軽くなったかのように感じます。

そのおかげて、

外で運動にでようという気持ちになり、

一度出てしまえば、

気分も続くのでおすすめ!

あと色は赤!

赤ってアドレナリンの分泌を促進し、

モチベーションとかやる気を上げてくれる色なんです。

闘牛とかも赤いマント使って興奮させてますよね。

なので、ポイント的に赤を取り入れて、

ダイエットモチベーション上げていきましょう!

まとめ

ダイエットのモチベーションを上げる方法を見てきました!

改めてダイエットモチベーションの5か条確認してみましょう!

1.憧れの人を見る

2.周りの人に宣言する

3.ダイエットの目的を明確にする

4.ダイエットアプリを使う

5.トレーニングウェアを新調する

ダイエットはモチベーションで成功するかが決まると言っても過言ではない!

と思います。

皆で高めあって、絶対にダイエット成功させてましょう!

ポジティブ君
ポジティブ君
理想の自分を手に入れるぞー!!

https://eat-and-diet.com/2022/06/08/5%e6%99%82%e9%96%93%e5%bf%ab%e7%9c%a0%e6%b3%95%e3%82%92%e5%ae%9f%e8%b7%b5%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%81/

糖質制限ダイエット糖質制限ダイエットってどんなダイエット? 糖質制限とは、摂取する糖質量を制限する食事法のことです。 糖質は、ごはんやパン、麺類な...

https://eat-and-diet.com/2021/11/13/16%e6%99%82%e9%96%93%e6%96%ad%e9%a3%9f%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88-2/

 

 

 

 

関連記事はこちら